占いコラム

電話占いの延滞料金が支払えないとどうなるのか?

更新日:


電話占いサイトを利用する際には、前払い方式と後払い方式の2種類があります。

後払い方式を採用している電話占いサイトを利用していると、占い鑑定内容に不満があるからといって、支払いをせずに放置してしまう人が少なくありません。

電話占いサイトは営利目的で営業しているので、未払い料金があると登録している占い師への報酬支払いばかりが増えてしまい、電話占いサイトの営業が成り立たなくなります。

このため、未払い料金に対しては繰り返し支払いを求める督促連絡が行われることになるわけです。

どうしても納得出来ない場合には、電話占いサイトに対して粘り強く交渉を行うことも出来るので、全ての連絡を無視してしまうことだけは避ける必要があります。

なぜなら、利用規約をしっかり定めて運営している電話占いサイトならば、利用規約に則った請求が続くことになるからです。

未払いになるとどうなるのか?

延滞料金が加算されてしまい早期に支払わないと未払い料金が増えてしまう

電話占いサイトを利用する際に、利用規約に同意して占い鑑定を受けた以上は、料金が明示されている限り高いと感じても支払い義務が発生します。

占い鑑定料金を明示せずに電話占いを行っている悪質サイトに対する未払い料金は、消費者契約法に基づき支払い義務がありません。

しかし、法律に則った範囲内で作られた利用規約に基づき営業している電話占いサイトならば、料金の明示は行われているので未払い料金の支払い義務があります。

加えて、利用規約で定められた延滞料金の請求を受けることになるので、商取引であれば年5%の延滞料金がかかるわけです。

メモ

利用規約に延滞料金の規定を設けている場合には、最大年率14.6%の金額までは遅延損害金として請求出来るので、利用規約の規定次第となります。

占い師の鑑定内容に不満があるという未払い理由は、支払い義務を免れるものではなく別の占い師に再鑑定を依頼するといった内容を要求するものであって、未払い料金は少なくとも支払わなければなりません。

今後電話占いサイトを利用できなくなる

未払い料金が残っている限りは、該当する電話占いサイトを利用できませんが、今後他の電話占いサイトも利用できなくなる可能性があります。

なぜなら、電話占いサイトが後払い料金の支払いに使用している請求代行会社は、数が少ないので同じ請求代行会社を利用している電話占いサイトでは、未払い情報が分かってしまうからです。

また、一部の電話占いサイト同士は資本関係があるので、未払い者情報についてグループ会社間で情報共有が行われています。

電話占いサイト業界全体で未払い者情報の共有を行うことは、個人情報保護法に定められた目的外利用となるので、利用規約に未払い者情報の共有に関する項目が定められていない限り提供されません。

しかし、前払い制の電話占いサイトならば、他社電話占いサイトに未払いがあっても料金滞納リスクが無いために断られる可能性は低いです。

メモ

前払い制を採用している電話占いサイトでは、ポイント制を採用しているので、一度に多くの金額を入金するほど鑑定料金が割引となる仕組みが採用されています。電話占いサイトの未払いは、該当する電話占いサイトと後払い制による電話占いを行う時のみ影響が出るわけです。

債権回収業者や弁護士から法的に訴えられることもある

電話占いサイトからの請求連絡は、電話・手紙・メールにて繰り返し行われることになりますが、全てを無視していると突然請求連絡が無くなり債権回収業者や弁護士からの督促が行われるようになります。

電話占いサイトでは、未払い者は日常茶飯事で発生しているので、債権回収に専門家を利用すると費用が多く掛かるので金額が大きい場合のみに限られます。

また、法的措置を取る場合があるという強い口調で送られてくる文面は、基本的に脅しのために送られているものであって、実際に裁判所へ損害賠償請求の訴えを起こされることは少ないです。

なぜなら、弁護士に裁判手続きを依頼すると、着手金と成功報酬で数十万円の費用がかかるので、数万円といった程度の金額では裁判に訴えられることは少ないからです。

しかし、支払督促という手続きが行われると、2週間以内に異議を申し立てない限り債務名義が取得されてしまうので、突然銀行口座や給料が差し押さえられてしまう可能性があります。

メモ

裁判所から届く書面については、無視をせずに中身を確認して適切な対処を行いましょう。実際の裁判になれば、未払いに至る理由から公平な和解案の提示を裁判所を介して結ぶことが出来るので、裁判所へ出頭することは良いことです。

お金が支払えない場合はどうすれば良いか?


電話占いサイトから届いた請求額を支払えない場合には、正規の電話占いサイトならばコールセンターに電話連絡して、支払えない現状と支払い方法についての相談に乗ってもらうことが出来ます。

いつならば支払えるのかという支払期日の先延ばしならば、お金を工面する方法を提示することで納得してもらいやすいです。

一括で支払えなければ、分割払いを行うことで支払い意思があることを示すことも重要となります。

一方、悪質電話占いサイトを利用してしまい、料金明示も無く法外な金額の請求を受けた場合には、裁判所からの通知が来ない限り無視して構いません。

支払督促については、審査無く裁判所事務官が発布してしまうので、異議申し立てのみ行うだけで通常裁判に移行します。

悪質電話占いサイトは、通常裁判に持ち込まれると詐欺行為を働いていることが判明してしまうので、訴えを取り下げることになり以後は連絡して来なくなるはずです。

また、何年も前に利用した電話占いサイトの請求が突然やってきた場合には、電話占いサイトの利用料請求権は商行為となるので5年で支払請求権は時効を迎えます。

メモ

時効を迎えている請求に対して連絡をしてしまうと、既に支払い義務が無い債務を追認したことになるので、裁判所からの通知以外は無視を徹底すると良いです。

まとめ

電話占いサイトを利用すると、自分では解決方法が見つけられない相談内容に対して、説得力ある理由を付けて解決方法を提案してもらえます。

占い師は、悩み相談を解決する方法を提案するプロフェッショナルであって、話し方が上手な人が多いのでつい自分では考えずに解決方法を見つけてもらおうとしがちです。

自分で悩んで考えた上で答えを導き出すという手順を省略して、結果だけを受け入れることは確かに楽ですが、何か悩みを抱えるごとに思考停止状態に陥りやすくなります。

新たな悩みが生まれても、安易に結果を求めずに考えて結論を導き出す過程を大切にしなければなりません。

-占いコラム

Copyright© 電話占いウィル口コミ評判【音声会話有り】当たる先生はこの人! , 2018 All Rights Reserved.